01.ご相談

01.ご相談

01ご相談.JPGご相談される内容やタイミングなどは個々のお客様で様々です。土地からのご相談や住宅メーカーと迷われている方、設計事務所の選定をされている方、当初からご依頼の意思を持たれている方など幅広く、年齢も20代から70代まで様々です。このようにお客様のご意向も様々ですので、メールや電話で少しだけお話しさせて頂いてもなかなか伝わらないので結局のところは一度お会いしてお話しさせて頂いております。それでもいきなり会うのはとお思いの方は私どものオープンハウスにご参加頂き、見て頂きながらお話させて頂くのも一つの方法かと思います。

02.ラフプランのご提案

02.ラフプランのご提案

02ラフプラン.jpgご相談の結果、私どもの事務所に興味をお持ち頂いたのであればご要望をお聞きしてラフプランをご提案させて頂きます。このラフプランについては基本的に無料で行っております。ただ無料であるからとりあえずお願いしようという事ではなく、本当に依頼して長いお付き合いができるかどうかの最終判断の材料としてラフプランをご提案させて頂いているので、そのあたりはご理解を頂きたいと思います。ラフプランの内容は平面図・立面図・模型・概予算となります。尚、ご提案までの期間は概ね1ヶ月から1.5ヶ月となります。土地探しの方は全体予算を伺い諸費用などを暫定的に設定し、土地にかけられる費用を算出します。そして要望を含めエリアを設定し探し始めます。

03.設計監理契約

03.設計監理契約

03設計監理契約.jpegラフプランを見て頂きご依頼の意思決定があれば設計監理契約をさせて頂きます。

04.基本設計

04.基本設計

04基本設計.jpgラフプランをベースにご意見・ご要望を再度お聞きし、平面計画を再提示していきます。これを基本設計と言います。基本設計が確定すると、ラフプランの時と同じように模型を製作し外観のビジュアルも含めて最終確認をして頂きます。

05.実施設計

05.実施設計

05実施設計.jpg基本設計が確定し、最終模型で同意を頂ければ詳細図面に移っていきます。ここでは天井の高さや窓の大きさ、棚の高さ、スイッチ・コンセントの位置、照明器具や衛生器具の確認などをして頂きます。これを実施設計と言います。規模にも依りますがA3用紙で70枚から100枚程度になります。

06.工事見積

06.工事見積

06工事見積.JPG実施設計図面を基に2、3社に見積依頼をします。一般的に競争見積と言います。1社に絞って見積を行うこともありますが、数量の見方や単価など競争することで確認できることもたくさんあるので私どもの事務所では基本的にそうしています。競争見積の結果、1社と請負契約を前提に金額調整をしていきます。ここで言う金額調整は値引きの事ではなく、予定金額との差を仕上げや材料の調整、手間の見方などを細かく再調整していきます。

07.工事請負契約

07.工事請負契約

07工事請負契約.jpeg以上の作業が終わり、金額的にご納得頂いたところで施工業者と工事請負契約を結びます。

08.着工・工事監理

08.着工・工事監理

08着工.JPG各種申請を申請機関に提出・許可をもらい、地鎮祭を執り行った後に工事に着工します。工事過程でお客様と仕様の打ち合わせやスイッチ・コンセントの位置、キッチンや浴室などの詳細な打ち合わせを進めていき、それとは別に週に1回程度の割合で現場で定例打ち合わせを重ねて行きます。これらを工事監理と言います。

09.竣工・引渡

09.竣工・引渡

09竣工.jpg役所の完了検査などの各種検査、施工業者の社内検査、私どもの事務所検査、お施主様の施主検査を行い手直し後、施工業者からの引き渡しとなります。

費用について

費用について

設計料(税抜) 工事請負金額(税抜)を基準とします。
 ・リノベーション      15
 ・2500万以下      12
 ・2500万~3500万  11
 ・3500万~4500万  10
 ・4500万~5500万   
 ・5500万以上      応相談
 ※最低設計料は250万
支払条件(税抜)
 ・設計監理契約締結時    50
 ・基本設計終了時      設計監理料から50万を引いた金額の1/3
 ・工事請負契約締結時    設計監理料から50万を引いた金額の1/3
 ・竣工時          残金
構造設計料(税抜)
 ・木造           15万~30万
 ・その他の構造       設計料の10%~15%